浮気調査の結果が出るまでの期間とは?探偵が解説します!

2023/08/16

浮気調査の結果が出るまでの期間とは?探偵が解説します!

浮気調査の依頼は、心の中でずっと渦巻く疑問を解決するための重要な一歩です。

しかし、探偵に依頼するという選択は、多くの人にとって未知の領域であり、どうすればいいのかわからないことが多いでしょう。

この記事では、浮気調査の必要性と目的から、具体的な調査の期間とプロセス、さらには調査期間を短縮する方法や探偵に依頼するメリットとデメリットまで、詳しく解説しています。

探偵事務所の選定から調査の流れ、平均期間、結果報告のタイミング、そして報告書作成の平均期間など、一連のプロセスをわかりやすく説明します。

また、調査期間が長くなる場合の対処法や、ケース別の調査期間と短くするための工夫も紹介しています。

浮気調査の必要性と目的

浮気調査は、多くの人にとって非常にデリケートな問題です。

心の中で疑問に思っているだけでは、真実を知ることはできません。

探偵事務所に依頼することで、相手の行動を把握し、証拠をつかむことが可能になります。

浮気の事実がある場合、それを知ることで、今後の対応を考える基盤ができます。

また、離婚を考える場合、証拠があれば慰謝料の請求もしやすくなります。

無料で相談できる探偵事務所もありますので、気軽に相談してみるといいでしょう。

探偵に依頼することで、悩みを解決し、自分の人生を前に進める一歩とすることができます。

浮気調査の期間とプロセス

探偵事務所の選定と調査の流れ

浮気調査を始めるには、まず信頼できる探偵事務所の選定が必要です。

探偵社には24時間受付しているところもありますので、いつでも相談が可能です。

依頼する際には、調査の目的や期間、費用などを明確にし、見積もりを取ることが大切です。

探偵との契約後、調査が始まります。

探偵は相手の行動パターンを把握し、尾行や撮影などで証拠をつかみます。

調査結果は報告書として作成され、依頼者に提供されます。

この報告書は、裁判などでの証拠としても使用できます。

探偵に依頼することで、浮気の事実を確認し、自分でどうすればいいかの判断がしやすくなります。

探偵事務所の選定から調査の流れまで、プロの探偵がしっかりとサポートしてくれるので、安心して任せることができます。

浮気調査の平均期間と結果報告のタイミング

浮気調査の平均期間はケースにより異なりますが、一般的に1週間から2週間程度とされています。

この期間は、調査の目的や依頼者の要望、探偵事務所の対応力などによって変動します。

結果報告のタイミングも重要で、口頭報告と報告書の提供時期があります。

事実確認のための調査期間

事実確認のための調査期間は、平均で1週間程度です。

この期間で、相手の行動パターンを把握し、浮気の証拠をつかむことが目的です。

探偵は尾行や撮影などを行い、浮気の事実を明らかにします。

早ければ数日で結果が出ることもありますが、相手の警戒などによってはもう少し時間がかかることもあります。

裁判で使う証拠の取得期間

裁判で使う証拠の取得期間は、平均で2週間程度とされています。

この期間は、裁判で有効な証拠を集めるために必要な時間です。

複数回の証拠撮りや、弁護士との連携なども考慮されるため、少し長めの期間が必要とされます。

口頭報告のタイミング

口頭報告のタイミングは、調査結果が出た直後に行われることが一般的です。

探偵事務所は、調査結果を依頼者にすぐに伝え、今後の方針などを相談します。

このタイミングで、依頼者の不安や悩みも解消されることが多いです。

報告書作成の平均期間

報告書作成の平均期間は、調査終了後、1日から1週間程度です。
この報告書には、調査の流れや証拠の内容などが詳細に記載されており、裁判などでの証拠としても使用できます。

期間を短くするためのポイントと中間報告の取り扱い

調査期間を短くするためには、事前に探偵事務所としっかりとした打ち合わせを行うことが重要です。

依頼者の目的や要望を明確にし、探偵との連携を密にすることで、スムーズな調査が可能になります。

中間報告の取り扱いも大切で、調査途中の結果を随時確認することで、調査の方向性を確認し、必要に応じて調査計画を修正することができます。

探偵事務所の選定や、無料での相談なども有効な手段となります。

調査期間を短縮する方法

調査の目的による時間と日数の変動

調査の目的によって、必要な時間と日数は変動します。
例えば、浮気の事実確認だけであれば1週間程度、裁判で使う証拠の取得なら2週間程度が目安です。
目的を明確にすることで、無駄な時間を削減し、調査期間を短縮することが可能です。

ケース別の調査期間と短くするための工夫

ケース別の調査期間について、以下に解説します。

浮気の証拠取得

平均1週間。尾行や撮影の計画を事前に立てることで、期間を短縮できます。

不倫相手の特定

平均2週間。相手の行動パターンを早く把握するためのリサーチが重要です。

離婚の準備

平均3週間。弁護士との連携や、必要な証拠のリストアップが期間短縮のポイントです。

調査期間が長くなる場合とその対処法

調査期間が長くなる場合、以下のような理由が考えられます。

相手の警戒

調査員の存在に気づかれると、調査が難しくなります。この場合、探偵社との連携を強化し、新しい方法を検討することが対処法です。

複雑なケース

複数の証拠を取得する必要がある場合など、調査が複雑になると期間が延びることがあります。事前の計画や、途中での調査方針の見直しが効果的です。

費用と時間のバランス

予算に応じて調査期間が変動することもあります。事前に見積もりを取得し、期間と費用のバランスを考慮することが重要です。

探偵に依頼するメリットとデメリット

事実の確認と裁判での証拠提供

探偵に依頼する最大のメリットは、事実の確認と裁判での証拠提供が可能であることです。
例えば、浮気の疑いがある場合、探偵は専門的な調査で相手の行動を把握し、証拠を取得します。
この証拠は、離婚裁判などで重要な役割を果たし、依頼者の立場を強化します。
また、探偵事務所は24時間対応していることが多く、依頼者の悩みに気軽に応じることができます。
信頼のおける探偵社に依頼することで、問題解決への第一歩を踏み出すことができるでしょう。

探偵に依頼するデメリットと注意点

一方で、探偵に依頼するデメリットも存在します。
費用がかかることが挙げられます。
探偵に依頼する際は、料金や請求方法を事前に確認し、見積もりを取得することが重要です。
また、調査の結果によっては、依頼者の心情に大きな影響を及ぼす可能性もあるため、心の準備も必要です。
探偵に依頼する際の注意点として、探偵事務所の信頼性の確認や、契約内容のしっかりとした理解が挙げられます。
匿名での相談が可能な探偵事務所もあるため、不安や疑問がある場合は、まずは相談から始めることも選択肢となるでしょう。

まとめ

浮気調査の依頼は、多くの人にとって未知の領域かもしれません。

しかし、探偵に依頼することで、事実の確認や裁判での証拠提供が可能になります。

一方で、費用や心の準備など、デメリットと注意点も存在します。

この記事を通じて、探偵に依頼するメリットとデメリットを理解し、自分に合った探偵社を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

信頼できる探偵社に依頼することで、悩みを解決へと導く第一歩を踏み出しましょう。

シークレットジャパン大阪北本部では浮気調査・不倫調査のご依頼を受け付けています。

無料相談、無料見積を受け付けています。お気軽にご相談ください。

    この記事のタイトルとURLをコピーする

    この記事を書いた事務所

    総合探偵社シークレットジャパン大阪北本部

    総合探偵社シークレットジャパン大阪北本部

    大阪府茨木市で探偵事務所をお探しなら、シークレットジャパン大阪北本部にお任せください。浮気、不倫調査をはじめ様々な依頼に対応。相談料は無料!費用のことなど、まずはお気軽にご相談ください。調査のプロとして証拠を掴みます。一緒に解決しましょう。

    関連記事

    CONTACT

    お問い合わせ